注目キーワード

【結婚生活1日!?】今なら大炎上の元夫!米倉涼子へのモラハラ総まとめ!

2020年4月、27年間所属していたオスカープロモーションを退社し独立、個人事務所「Desafio(デサフィオ)」を設立した米倉涼子。今後の仕事への影響も心配されていますが、「ドクターX」の続編も噂されており、どうやらテレビで見なくなることは無さそうです。

そんな米倉涼子ですが、プライベートはあまり公開しない方針のため、一度結婚していて、今は離婚してバツイチ状態なことはあまり知られていないのではないでしょうか?

【幻の結婚生活!】米倉涼子と前夫との結婚生活とは?

米倉涼子は2014年に、2歳年下の会社経営をしている男性と結婚をしました。

元夫のプロフィールは特定されていて、この方のようです。

氏名:太田靖宏

 

出身:大阪府出身

年齢:1977年生まれで2022年現在45歳

大阪学院大学を中退して2001年にリクルートに入社、「ホットペッパー」の立ち上げに従事していたとのこと。その後リクルートに11年間勤務し、2012年にご自身が現在経営している「スタジアム」の前身となる「株式会社ライフノート」を設立。現在は営業代行会社「スタジアム」の社長として活躍されています。

米倉涼子はプライベートは語らない主義なようで、太田さんとの出会いの経緯などは一切語っていませんが、2012年に「女性セブン」でスクープされます。

初スクープとなったのは、深夜3時頃に都内のバーから手を繋いで出てくるところを報じられた米倉涼子と太田靖宏。週刊誌では太田靖宏について「江口洋介似の長身イケメン」と報じていました。写真を見る限り、確かに似ているとも言えそうな、はっきりとした顔立ちをしていますよね。

太田さんは身長168.5cmの米倉涼子さんよりもかなり身長が高く、長髪なので江口洋介さんに雰囲気が似ています。

また、この頃は太田さんが株式会社ライフノートを設立したばかりで金銭的に余裕がなく、米倉さんのマンションに転がり込むような形で同棲生活をしていたとの情報もあります。

スポンサーリンク

【幻の結婚生活!】米倉涼子と前夫の結婚生活は1日で終了!?

2人は2014年12月26日に結婚を発表し、米倉さんもこのようなコメントを発表しています。

誠実で温かな人柄は私にとって大きな存在となり、
尊敬できる大切なパートナーであることに
気付かされました。

結婚発表後、渋谷にある家賃135万円最上階の高級マンションで新婚生活を始めたという米倉涼子さん。

順風満帆な結婚生活が始まるかともわれたものの、その夢はわずか1日で崩れ去ってしまったといいます。理由は、夫のモラハラで、米倉涼子も耐えられなかったと言われています。

太田さんのあまりの激変ぶりに米倉さんは飛び出すように元住んでいたマンションに引っ越したそうです。そうして、ハワイで挙式予定も中止し、まるで結婚生活などなかったかのようになってしまったのです。

そのため、米倉涼子がバツイチであることを知らない人も多いのでしょう。

【幻の結婚生活!】今なら大炎上!?モラハラ夫の信じられない行動を紹介!

①結婚後の新居への引越しトラブル

新居へ引越し作業をする時から、致命的とも言える事件は起こっていたのです。

米倉さんに金銭的に頼って生活していた事もあり、引越し代をケチって荷物の量に見合わない料金コースで業者を手配してしまった太田靖宏

引越し当日、当然大部分の荷物はトラックに乗り切らずに運べないことになってしまいます。そうすると、当然引越し業者と揉めることになってしまいました。

そのやり取りの中で、太田靖宏は突然人格が豹変して怒鳴り始めたそうです。

自分の見積もりミスにも関わらず業者に食ってかかり、さらに米倉涼子さんまで責めるとは、かなりのモラハラ臭がしますね。。。
そうしたら彼はみるみる不機嫌になって業者のせいにしようとして食って掛かった
業者は「米倉涼子だ」って気付いているわけですから、彼女もさすがに体裁が悪いと思ったようで、なんとかその場を収めようと、「別の日に仕切り直したほうがいいんじゃない
?」と言ったら、今度は彼の怒りが彼女に向いて、「お前さぁ、その態度はねえだろう!」って業者にも聞こえるような大きな声で怒り始めた。
奥の部屋にバタンって入って、なるべく業者に聞かれないようにしてたんだけど、荷物なんか最小限でいいだろう、お前!」「このコップも誰が使ったかわからない。
あるものすべてに男の匂いがするから捨てろ!」と怒鳴り散らされた
そうです。(週刊文春)

②朝まで5時間土下座説教

さらに週刊文春では、太田靖宏のモラハラ言動をこう報じています。

「彼は何でも否定から入るのだそうです。あるときは、彼がソファに胡座(あぐら)をかいて、彼女は床に正座させられて一晩中、五時間も説教をされるということもあったと聞きました。
『お前が今まで付き合ってきた男に興味はないけどさ。お前は常識を知らない。付き合ってる人間も普通じゃない。そういう世界に生きてきたから変なんだ』と。
そして『着てる服も変だ』『髪型も変だ』『爪も変だ』『バッグも靴も全部変だ』と、彼女の全てを否定し続けたのだそうです」
(週刊文春)

こんなことをされ続けたらどんなに好きな相手でも気が変になってしまいそうですよね。

スポンサーリンク

もちろん、米倉涼子も太田さんの言動をおかしいと感じ、毅然とした態度で反抗したこともあるようです。そうすると、今度は一転して平謝りしたという太田靖宏。週刊文春ではこのように紹介されています。

時には耐え切れなくなった米倉が毅然と「出て行ってください」と切り出すこともあったというが、そんなとき、A氏は態度を一変させるのだという。
僕は心を入れ替えて、これからは君をとっても大事にします』と平謝りするそうです。
飴と鞭の繰り返しですね。彼女は言われると信じやすい。そして裏切られる、の繰り返し。
結婚にあたっても『今までみたいなことは繰り返しません』と彼に約束させたと聞きました。彼女はその約束を真に受けたんです」
(週刊文春)

今だったら大炎上案件ですよね。ここまで典型的なモラハラ夫ももはや珍しいのでは…。

交際時からモラハラはそれなりにあったものの、米倉涼子さんは結婚したらこの言動は収まることを願っていたといいますが、米倉さんの地位や金を自分のものと勘違いしたのか、さらに悪化してしまったようですね。

やはりその予感は当たってしまったのです。

③公共の場で首絞めDV

入籍から5日後の大晦日のカウントダウンパーティーで、決定的な事件が起こりました。

六本木のクラブ『ColoR. TOKYO NIGHT CAFE』のVIPスペースでした。
と言っても、ロープで仕切られただけのオープンフロアで、一般の人達もいましたが、そこに米倉さんがいたので、やはり注目を集めていました。
そばには新婚ホヤホヤの旦那さんもいました。
それが、途中で酔った旦那さんが、何かの拍子に怒って、飾り付けのバルーンで彼女の頭を叩き出したんです。
ふざけてじゃれ合っているだけだと思ったのですが、そのうち旦那さんが米倉さんの首を絞め出した。しかも、ひとりで怒って最後はどこかへ行ってしまったんです。大事には至らなかったそうですが、周囲は唖然としていましたよ。
(週刊文春)

【幻の結婚生活!】米倉涼子は離婚したくてもできなかった!?

ここまでされてなぜすぐに離婚しないのか、不思議に思いますよね?

米倉はすぐに離婚しようと動き始めたのですが、太田がずっとそれを拒み、離婚成立まで2年間もかかってしまったとのこと。

太田が離婚を拒んだ理由は下記と言われており、これを見るだけでもかなりのダメ夫っぷりが窺えます。

①:慰謝料を払うお金がなかった

②:米倉を自社の広告塔や接待要因として使っていたため

③:「トップ女優の夫」というトロフィーワイフを手放したくなかった

最終的に、慰謝料などを受け取らないことでなんとか離婚が成立し、米倉はモラハラ夫から解放されたということです。

今は外国人ダンサーとの熱愛も報じられており、すっかり人生を取り戻したように見える米倉涼子。次のスクープは、どうか幸せなものであてほしいですね。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!